ソフトギア

インフォマネージャー

はじめに

 

 このソフトウェアは、情報の整理ツールではありません。
建設業等の受注活動に不可欠な営業情報を評価と共にデータベース化、各情報を運用するシステムです。

情報を集約し共有化を実現することで、全社の営業情報と動きを把握を可能とします。

簡単に行える営業行動記録・対策記録は効率的な営業ルーチンを実現し、よりきめの細かな営業活動に直結。
この営業活動プロセスが新たな情報としての価値を付加していきます。

また、目標先行管理により業績の推移と予測が常に確認でき、目標値との差額に対する早めの対策・実践で目標値の達成を促します。

InfoManegerから自社の営業活動に必要な様々なデータを抽出することで、まさに、生きた営業情報としての運用を実現します。

漫画で見る。インフォマネージャー導入

情報を活かすしくみ
「 目標先行管理 」 とは

  1. 達成しなければならない目標(業績)を明確にし、
  2. 未来の情報を共有管理し、
  3. 先手・先行営業で不安定な業績を安定化に近づける手法のことです。

常に先を見る習慣づけで業績の流れを自らの手でつくりだすことができます。
それは、

  1. 情報を受注確率 ( A B C ランク ) と共に数値化し、
  2. 目標値との差額対策であり件名ランクアップ営業といわれるものです。

この実践で受注確率は飛躍的に向上します。

導入のメリット


先手先取りの対策と行動

情報の「数」「量」「質」の
合成で情報の真の姿をみる


営業会議の充実

営業状況の
リアルタイムチェックができる


全売上関連情報の
データベース化

物件ごとの充実した営業の
実現が受注をアップ


売上予測の実現

すべての対策と活動を記録

導入にあたって

ハードウェアの基本構造
(自社サーバー)

Copyright(C)2002 SOFT GEAR CO.,LTD. All rights reserved.